眠効果

プロポリス入りのグミ

風邪が冷たくなると、のどがイガイガしてきますよね。
ドラックストアには、ハーブや果実入りののど飴が並びます。
風邪を引きそうになると、のどを不快感を和らげるために、利用する人も多いのではないでしょうか。
そんな時期、特におすすめしたのが、プロポリス入りのグミです。
プロポリスとは、ミツバチが植物や樹液から採取して、自らの分泌物と混合させたものを言います。
ミツバチの巣の中は高温多湿であり、菌が発生しやすいのです。
その菌の繁殖を防ぐため、巣の隙間に詰めて使用しています。
そのため、抗菌力が非常に強い物質です。

その他にも、ビタミン・ミネラル・アミノ酸が含まれており、中でもポリフェノールの一種であるフラボノイドは、自律神経を調整し、リラックス効果を高め、免疫力を上げる役割をします。
抗菌作用や、抗アレルギー作用も認められます。
プロポリスに含まれるフラボノイドは20から500種類と言われています。
このプロポリスと、はちみつやハーブ、精油などを混ぜて作ったグミがあります。
のど飴と同じような物で、のどに不調を感じたときには、一粒口に入れて、ゆっくりと口の中で転がしてください。
殺菌作用に優れたプロポリスが、風邪の菌を撃退してくれます。
口が乾きやすい場合には、口内をうるおしたり、口臭も予防してくれます。
風邪がはやる時期、人込み、乾燥した場所で食べると効果的です。

しかし、プロポリスと言うと、独特の味が特徴です。
舌に載せると、ぴりぴり感じるかもしれません。
それが原因で食べれないという人も。
サプリメントはカプセルに入っていますので、比較的摂りやすいのですが、直接舌に付くとなると嫌がる人は多いかもしれません。

しかし、グミには、はちみつが多く含まれており、それがプロポリスの味を隠してしまうので心配ありません。
ハーブや精油の匂いのおかげで、プロポリス独特の匂いもあまり感じないことでしょう。
むしろ、優しい甘さで、栄養補給にもなります。
風の時期、外出の際には、プロポリスのグミを携帯して、喉の健康を守りましょう!