眠効果

エキナセアとプロポリス

どんなに気を付けていても、引いてしまうのが風邪です。
手洗いをうがいをしているのになぜ?風邪を引きやすい人は、体の免疫力が落ちでいる可能性が高いです。
免疫力とは、身体に入ってきた菌やウイルスに対抗する、自己防衛機能です。
菌やウイルスが体内に留まったままだと、悪さをして身体を病気にしてしまいます。
そのため、風邪を引きやすいのです。
免疫力は、身体に悪い生活をしていたり、年を取ったりすると機能が低下していくものです。
しかし、何度も風邪を引いてしまうのではまいってしまいます。

実は、自然の力で免疫力を高めることが出来ます。
それが、エキナセアとプロポリスです。
まず、エキナセアとは、キク科の植物で、その根には、免疫力を高め、高い抗菌性を持つ成分が含まれています。
そのため、インフルエンザや風邪から身体を守ってくれます。
特に、風邪やインフルエンザが流行り始めたときから約一か月間飲み続けることによって、予防の効果があります。

また、すでに引いてしまっても、症状を軽くする効能があります。
エキナセアは北米の先住民に古くから薬として用いられてたため、「インディアンハーブ」とも呼ばれています。
お茶やサプリメント、チンキなどで摂取が可能です。
そして、同じような効果を持つのが、プロポリスです。
プロポリスとは、ミツバチが植物や樹液・樹脂を集めて作るもので、ビタミン・アミノ酸・ミネラルが含まれています。

また、プロポリスにはフラボノイドが含まれており、抗菌作用や活性酸素の除去、自律神経の調整する働きがあります。
このため、風邪を引いたときに摂取すると、身体に栄養を送り、抗菌作用で菌を体内から排出してくれるので、風邪が治りやすくなります。
また、プロポリスはのど飴にも利用され、のどが痛い時に舐めると、痛みを鎮めてくれます。
エキナセア・プロポリスに共通するのは、その高い抗菌性です。
この働きによって、菌やウイルスを寄せ付けない身体を作ってくれるのです。
風邪やインフルエンザが流行り出したら、エキナセアやプロポリスを利用し、健康にその時期を乗り切りましょう!